妊娠初期、これは安全な断食規則です

ジャカルタ–断食ラマダンは年に一度しか来ません。多くの人がこの断食の瞬間を楽しみにしています。残念ながら、断食をためらう人もいます。それらの1つは妊娠の初期であり、それはしばしばによって特徴付けられます つわり。 それで、最初の学期の妊婦のための断食のための安全な規則は何ですか?これが答えです。

また読む: 妊娠中の女性はまだ速いですか?

妊娠中の女性は最初の学期に断食できますか?

妊娠初期の絶食は胎児の成長と発達を妨げる可能性があるという懸念があります。この懸念は実際には正当化されます。米国のコロンビア大学の研究によると、長期的に断食する母親は断食しない母親よりも小さい傾向があるとされています。どうして?

妊娠初期の妊婦は傾向があります つわり 。症状には、吐き気、嘔吐、脱力感、めまいなどがあります。この状態は、妊娠初期の妊婦の体の適応の一形態として現れます。まあ、過度の吐き気と嘔吐は脱水症状を引き起こす可能性があります。そのため、妊娠初期の妊婦は断食する必要がありません。

妊娠中の女性は、医師の承認を得て、次の要件を満たしている場合にのみ断食できます。

1.毎日の栄養の適切性を満たす

特に葉酸、たんぱく質、ビタミンA、カルシウム、ビタミンD、鉄分。これらの栄養素は、妊娠初期の胎児の成長と発達のプロセスを助けます。それでも母親が疑わしい場合は、断食時の食事のルールについて産科医に尋ねてください。

なぜなら、断食するときの食事パターンは、スフール、イフタール、夕食の3つに分けられるからです。胎児の発育に良い食品には、ナツメヤシ、ほうれん草、サーモン、ブロッコリー、ケール、鶏肉などがあります。

また読む: 妊娠中および授乳中の母親のための健康的な断食

2.十分に休む

妊娠中、特に断食をすると、体が疲れやすくなります。したがって、スムーズな断食と胎児の健康のために、母親が疲れを感じたら休むことをお勧めします。妊娠中の女性が働いている場合は、彼らが行っている活動を一時停止して、数分間座ったり寄りかかったりします。

3.体重増加に注意してください

断食中に体重が減った場合は、すぐに産科医に相談してください。体重減少は胎児の異常のリスクを高めます。

4.妊娠を定期的にチェックする

妊娠検査は、胎児の発育を監視し、妊娠の異常を検出するために実行されます。妊娠初期には、超音波検査を少なくとも1回行うことができます。不穏な身体的症状がある場合は、妊娠チェックをより早く行うことができます。たとえば、吐き気、嘔吐、脱水症、頭痛などです。

また読む: 妊娠中の女性のために断食しながら栄養を満たすためのヒント

これらは、妊娠初期の妊婦の断食の安全なルールです。妊娠中の女性は断食する必要がないことを覚えておくことが重要です。したがって、断食するのに十分な力がない場合は、無理に押し込まないでください。妊娠初期に強制される断食は、母親と胎児の状態を害する可能性があるためです。

断食中に母親が妊娠の不満を持っている場合は、遠慮なく医師に相談してください . ママはただアプリを開く必要があります 機能に移動します 医者に相談してください いつでもどこでも医師に連絡する チャット 、 と 音声/ビデオ通話 。早く来て ダウンロード 応用 AppStoreまたはGooglePlayで!