日本食愛好家のために、エビの天ぷらを食べることの利点はここにあります

、ジャカルタ–これまでのところ、人々は揚げ物が健康に悪影響を与えると常に考えてきました。実際には、エビの天ぷらを含め、すべての揚げ物を避けるべきではありません。

正しい処理

これはすべて味の問題であるだけでなく、体が必要とするビタミンやミネラルを含むシーフードに含まれる栄養成分でもあります。これらの利点はすべて、カボチャ、サツマイモ、または以前に洗浄したスライスした生野菜などの他の食品と一緒に摂取すると、より有益になります。

そして、このエビの天ぷらを便利にするのは、健康的な管理をすることです。揚げ物に使われる油の種類のように。オリーブオイル、カノーラオイル、グレープシードオイル、ピーナッツオイル、ゴマ油など、いくつかの代替食用油オプションを使用できます。本質的に、良い油は血中のコレステロール値を下げることができる一不飽和脂肪レベルを含む油です。

エビの天ぷらの混合物では、エビは実際により多くの油を吸収する厚すぎてはいけません。他の種類の小麦粉よりも高い繊維とタンパク質を含むことが証明されているトウモロコシまたはアーモンドの小麦粉を選択して、できるだけ軽くします。実際、両方のタイプの小麦粉の炭水化物含有量は、通常の小麦粉よりも健康的です。

エビを食べることの利点

正しい処理段階を経た後、あなたはこの食品の本当の利点を得るでしょう。

  1. 栄養源

エビの加工はタンパク質の利点を提供します。エビのグリルまたは炙り焼き3オンスごとに20グラムのタンパク質が含まれ、脂肪と炭水化物が少なくなっています。

タンパク質に加えて、エビは印象的な範囲の栄養素を提供します。セレン、ビタミンB12、リン、コリン、銅、ヨウ素から始まります。セレンは、免疫力と甲状腺機能に関与するミネラルであるだけでなく、フリーラジカルと呼ばれる有害な粒子と戦うのに役立つ重要な抗酸化物質です。

  1. 減量に役立ちます

エビは炭水化物を加えずにタンパク質とビタミンDの優れた供給源です。体重を減らしたい人には、このシンプルな形のシーフードが良い選択です。亜鉛は体内のレプチンレベルを上げる1つの方法であるため、高レベルの亜鉛も有益です。

レプチンはホルモンであり、体脂肪の蓄積、食欲、および体内の全体的なエネルギー使用の調節の不可欠な部分です。体内のレプチンのレベルを上げることにより、人々は食べ過ぎなどの一般的な問題を回避することができます。

  1. 老化防止

日光は肌の老化の主な原因の1つです。保護がないと、数分間の日光やUVAにさらされても、しわ、そばかす、日焼けを引き起こす可能性があります。エビを食事に加えることで、肌のケアもします。これはエビが含まれているためです アスタキサンチン これは、日光や紫外線によって引き起こされる老化の兆候を減らすことができる強力な抗酸化物質です。

エビやその他の加工シーフードの健康への利点についてもっと知りたい場合は、直接質問することができます 。それぞれの分野の専門家である医師は、あなたに最適なソリューションを提供しようとします。秘訣は、アプリケーションをダウンロードするだけです GooglePlayまたはAppStore経由。機能を介して 医師に連絡する 、経由でチャットすることを選択できます ビデオ/音声通話 また チャット .

また読む:

  • コレステロールがないようにシーフードを食べるための5つのルール
  • これらはスマートブレインのための4つの海産魚です
  • これらはエビに含まれる栄養素と利点です