もはや市場で販売されていません、これは炭酸飲料の効果です

ジャカルタ-の1つ ブランド 米国発の炭酸飲料が市場に姿を消し始めました。青と赤のパッケージ飲料がなくなった原因は、インドネシアのいくつかのスーパーマーケットやレストランとの売買契約の打ち切りでした。契約は、それ以上の説明なしに2019年10月に期限切れになったと報告されています。

さて、ファンになりましょう ファストフード ピザやハンバーガーなど、飲み物を味わえなくなったら諦めなければなりません ブランド インドネシアにあります。炭酸飲料は美味しく、食事仲間としてさわやかです ファストフード。 ただし、これらの食べ物と飲み物の組み合わせは、過剰に摂取すると悪影響を与える可能性があることも知っておく必要があります。

また読む: 胃炎の人が避けるべき8つの食品

  1. 消化器系を乱す

炭酸飲料の消費は、消化器系に追加のガスを引き起こす可能性があります。これは、膨満感とげっぷが多いために腹部不快感を引き起こします。この飲み物の過剰摂取により、消化器系の問題も発生する可能性があります。発生する可能性のある問題や病気のいくつかの例は、腸の炎症、下痢などです。さらに、胃炎のある人は、炭酸飲料の摂取を避けるか、完全にやめる必要があります。

  1. 心臓へのダメージ

炭酸飲料に含まれるブドウ糖と果糖の含有量が高いと、肝臓に損傷を与える可能性があります。これは、フルクトース含有量が肝臓でのみ処理されて脂肪になるのに対し、炭酸飲料のフルクトース含有量は非常に高いためです。もちろん、これは脂肪の蓄積による肝臓の損傷や病気の出現を引き起こす可能性があります。

腹部に痛みや痛みを感じた場合は、すぐに医師に相談してください 、症状が悪化する前に。さらに、迅速な治療により、より重篤な症状や合併症のリスクが軽減されます。

  1. 糖尿病の引き金

ソーダや炭酸飲料の缶を定期的に飲むと、2型糖尿病のリスクが高まります。これは、これらの飲み物の糖度が高いためです。また、特定の飲食物を過剰に摂取したために体内の糖分やブドウ糖の含有量が多い場合。これにより、膵臓は体内でインスリンを生成する必要があるため、より激しく働きます。この状態はインスリン抵抗性として知られています。インスリン抵抗性自体がメタボリックシンドロームや2型糖尿病の背後にある主な原因です。さらに、炭酸飲料を過剰に飲むと、心臓病のリスクが高まる可能性があります。

  1. 肥満のリスクを高めます

炭酸飲料を過剰に摂取することは、体重を増やすことと同じです。たとえば、350ミリリットルのソーダ缶には約140カロリーが含まれています。食品と同等の場合、1缶のソーダのカロリー数は1枚の小皿の米と同じです。炭酸飲料の愛好家は、ファーストフードなどの高カロリー食品を消費する傾向があります。もちろん、これは消費が過剰に行われた場合に肥満のリスクを高めます。

  1. 腎臓を傷つける

炭酸飲料の過剰摂取は、腎臓障害のリスクを高める可能性があります。これは、飲み物にリン酸、炭酸、人工着色料と甘味料、カフェインが含まれているためです。内容物は酸性であるため、過剰に摂取すると腎臓壁を損傷する可能性があります。

また読む: ソーダを飲むと腎臓病を引き起こすことが多いというのは本当ですか?

  1. 歯の損傷

炭酸飲料は腎臓に損傷を与える可能性があるだけでなく、歯にも損傷を与える可能性があります。これは、リン酸と炭酸の含有量が原因です。リン酸と炭酸は口の中の酸を増やす可能性があります。その結果、消費が過度に行われ、歯の衛生状態が維持されない場合、歯は腐敗しやすくなります。さらに、炭酸飲料の糖度が高いと虫歯のリスクが高まります。炭酸飲料によって引き起こされる最も一般的な虫歯は、歯石、歯垢、虫歯です。

7.骨に損傷を与える可能性があります

炭酸飲料を過剰に摂取すると、骨の損傷のリスクが高まります。これは、カルシウムの吸収が原因で発生します。これは、飲み物に含まれるリン酸、炭酸、カフェインが原因で中断される可能性があります。骨へのカルシウムの吸収が阻害されると、骨粗鬆症を発症するリスクが高まるなど、さまざまな症状や病気のリスクが高まります。

また読む: 若い年齢の骨粗鬆症、それを引き起こすものは何ですか?

炭酸飲料の過剰摂取による悪影響を踏まえ、健康的なライフスタイルをスタートさせる必要があります。炭酸飲料の摂取は、それが過剰でなく、空腹時に行われない限り、実際には問題ありません。予防は治療よりも優れているからですよね?

リファレンス:
Healthline.com。 2019年にアクセス。砂糖のようなソーダがあなたの健康に悪い13の方法
Telegraph.co.uk。 2019年にアクセス。炭酸飲料の習慣を放棄する11の理由